産後の抜け毛 原因

産後の抜け毛 原因

産後の抜け毛について

 

赤ちゃんを出産してからしばらく経つと抜け毛に悩む人が多いです。
これは「産後脱毛症」といい、たいていの場合に回復します。
 

妊娠中〜出産後はホルモンバランスがが大きく変化する

 

 

産後2〜3ヶ月頃から、抜け毛が目立ってくる人が多いようです。
これには出産後の女性ホルモンが大きな影響をもたらしています。

 

女性ホルモンには、大きく分けるとエストロゲン=卵胞ホルモンとプロゲステロン=黄体ホルモンの2種類あります。非妊娠時にはこの2種類のホルモンが交互に優位な働きをしています。
ところが妊娠中にはどちらのホルモンも同時に分泌量が増えていきます。これにより安全なお産ができるのです。

 

お産を終えた母体は妊娠時に大量に増えたエストロゲンとプロゲステロンは必要なくなり、正常なバランスを取り戻そうと急激に減少します。
この時に非妊娠時で正常だったホルモン量より下回ってしまうこともあります。
ホルモンバランスを崩した身体はさまざまな体調不良の原因にもなります。エストロゲンには髪の毛の成長を促しているホルモンなので減少することにより、髪の毛が大量に抜けてしまう可能性があります。
また、プロゲステロンには育毛を維持するような働きもあるため、これら2つのホルモンが減少することによって髪の毛が抜けやすくなるのです。

 

ホルモンの変化による抜け毛は、だいたい半年あたりから正常に戻っていき、約1年後には妊娠前の状態に戻ります。

 

 髪の毛の生え変わりのサイクルが乱れる

 

そもそも髪の毛には生えてきて抜けるまでのサイクルがあります。

 

1.生えた髪の毛が成長する「成長期」
      ↓
2.成長が止まる「退行期」
      ↓
3.抜け落ちて次の髪の毛が生えるまでの「休止期」

 

1〜3を繰り返しながら髪の毛は生え変わります。
「成長期」は3〜5年と長くて、出産前のホルモンはこの「成長期」を長く持続させます。
これによって出産前は抜け毛が少ないのです。
しかし、産後のホルモンバランスが変化すると維持された髪の毛が「休止期」に入ります。
「退行期」は約3週間、「休止期」は約3ヵ月ですので頭皮全体で髪の毛が抜けて生えるまでの期間に
部分的に増えて、薄くなっているわけです。

 

 

産後生活のストレスも抜け毛の原因になる

出産後は赤ちゃんと常に過ごす日々になります。出産前とは生活習慣が変わり、夜泣きや頻繁な授乳に加え
赤ちゃんが小さいうちはなかなか外に外出できません。
こうした不慣れな生活や睡眠不足はストレスのもととなります。
ストレスは女性ホルモンの分泌を悪くしたり、自律神経を乱してしまいます。
また、妊娠中に増えたしまった体重を戻そうと無理なダイエットをしてしまうと抜け毛の原因になります。
1ヶ月に5%以上も体重を減らしてしまうと栄養失調の状態になり、あらゆるホルモンの分泌量が低下してしまいます。そのためエストロゲンが減少し、髪の毛の成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

 

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ